日本の鉄道発祥は長崎だった…?


「日本初の鉄道」

 「日本初の鉄道」…そう言って誰もが思いつくのはもちろん1872(明治5)年9月12日(現在の10月14日)の新橋(現:汐留)~横浜(現:桜木町)までという史実(※)でしょう。実際学生の教科書にもそう記載されています。しかし、遠く離れた長崎の街…鎖国体制が揺れつつあった江戸幕末の対外貿易の中心地で走った鉄道が実は元祖でした。
 新橋~横浜の鉄道開業7年前の1865(元治2/慶応元)年、貿易業や戊辰戦争などでの武器弾薬の販売で有名な「グラバー商会」を設立したトーマス・グラバーは、日本人に鉄道を紹介するために長崎市内にレールを敷設し、地元の人々を乗せて走らせたというのです。使われた蒸気機関車と2両の客車はイギリスから中国(香港?)へ輸出する予定だったものだそうで、グラバーは日本にも売り込もうとしたのか、「アイアンデューク号」という名前のSLに客車を連結し、約1カ月間の試乗運転を実施したというのです。

(※)1869(明治)2年に運行を開始した北海道茅沼炭鉱軌道鉄道を日本の鉄道の最初とする説もあります。(木製レール・牛馬車での運行。)

試験線跡を辿る

DSCN6147
長崎市は新地町6丁目、長崎港を望む長崎市立市民病院横の歩道上に、「我が国鉄道発祥の地」と刻まれた記念碑があります。
DSCN6148
添えられている説明書き。
edomap1
試運転区間は600m説と400m説の2つの説があり、いずれもこの記念碑を起点に南西に海岸線沿いを松が枝方面へ進んでいたとされています。ちなみに軌間はニブロク、762mmだったそうです。
DSCN6151
廃線跡(…?)の様子。道路は拡幅され、現在は長崎電気軌道大浦支線の線路が同じ位置を走っています。
DSCN6153
市民病院前(メディカルセンター)から大浦海岸通りを松が枝方面に歩きます。
DSCN6154
ちょうどグラバー邸から見下ろす位置にある試運転区間。市電の5系統に乗れば疑似体験できます。
DSCN6155
大浦海岸通電停までやってきました。
DSCN6157
試運転区間が400mであればこのあたりが終点です。大浦支線ははここから終点石橋まで単線になり、大浦天主堂の方へ曲がっていきます。
DSCN6165
今回の廃線跡を眺めます。もちろん痕跡など一つとしてありません。ただ「廃線跡」としても日本最古(1865年廃止なので150年以上!)の場所。簡単に来られるので鉄道ファン、廃線ファンは巡礼すると良いでしょう。
DSCN6170
探索時の長崎港(常盤桟橋/松が枝国際ターミナル)には豪華客船のセレブリティ・ミレニアムが寄港していました。DSCN6175
(長崎バス 1622号車 長崎22か 29-43 いすゞキュービック KC-LV380L(1996年式))

市電と長崎バスのキュービック、そして壁のようにそびえて写る背景の町並み…と長崎らしい写真になりました。写真のキュービックは長崎の狭隘路線に対応した短尺仕様。長崎バスの隘路でのアグレッシブな走りはいつ見ても圧巻です。坂の多い市内にはV8エンジンもピッタリです。
DSCN6180
大浦海岸通から市電に乗車します。市電といっても公営ではなく、長崎電気軌道という民鉄になります。
DSCN6182
150年前、初めて鉄道に触れた日本人はどう思ったのでしょう…
DSCN6185
371号車。長崎の路面電車は未だに50年以上活躍している車両が多く、釣り掛けの良いサウンドを当たり前のように聴くことができます。ちなみにこの車両、日本初の車体全面広告が施され(1964(昭和39)年))ていたことでも知られています。
 
探索終了。