元は千葉県が経営する県営鉄道の軽便線であった久留里線。国有後に改軌がなされた同線ですが、一部に軽便線時代から線形を替えた箇所があります。

久留里線の旧線

 今では千葉県唯一の非電化JR線となった久留里線は、そもそも県が道路事情をカバーするために県内各地に建設した「千葉県営鉄道」(軌間762mmの軽便線)として開業、国有化の話が出るような路線ではありませんでした。しかし大正末期の1922年に制定された「改正鉄道敷設法別表第48号」の予定線に「千葉県木更津ヨリ久留里、大多喜ヲ経テ大原ニ至ル鉄道」が挙げられたことから状況は一変します。国鉄の計画路線と被ることになったので、突然国家の手が伸びてきたのです。買収を出来るだけ安く済ませたい政府と、買収には逆らえないがどうせなら輸送力を上げてほしい県はお互いに交渉を重ね、「無償譲渡を条件に路線延長と改軌」を約束、お互いの利害一致を図りました。
 1923年9月24日に無事買収取引は完了したものの、鉄道建設予算の削減から長く改軌も延伸もされず、約束と違うという県議会の抗議が続きました。その後1930年8月20日にようやく改軌が行われ、1936年には上総亀山まで延伸されました(が、その先へ伸びることはなかった…というのは、木原線のエピソードとしても有名です)。

まとめると…
千葉県営鉄道久留里線
↓買収(1922)
国鉄久留里軽便線
↓改軌(1930)・延伸(1936)
国鉄木原西線
↓名称変更(時期不明、建設を断念したからか?)
国鉄久留里線
↓民営化(1987)
JR久留里線

話を改軌に戻します。改軌を行った時の記録を見ると、小櫃から俵田で0.1Kmの短縮が行われたと言う内容が記されています。
sbandicam 2017-03-27 14-44-14-859
詳しい線形についてのヒントが全くないので完全に推定なのですが、とりあえずどこかの区間で「何かしら」を削っているのです…
ということで、小櫃駅周辺を色々と調べてみました。

第一回訪問

IMG_1991[0]
まずは小櫃駅そのものの調査目的で下車。
KIMG7307[0]
かつては対向式二面二線の交換駅だったそうですが、1980年代以前に棒線・無人駅になっています。
DSCF1846
木更津側の線路の不思議な曲がり方を見ると、分岐していた様子がはっきりと分かります。
KIMG7311[0]
可愛らしい小さな駅舎。
KIMG7314[0]
駅の久留里寄りにはかつての貨物ホームの跡が残っており、建物自体は元の貨物ホームとは関係ないと思いますが、その場所は駐輪場として再利用されています。
IMG_1997[0]
また、かつての反対側ホームも残ったままです。
IMG_1999[0]
横の斜面からホーム上へ上がってみました。一部は保線用の置き場に利用されています。
IMG_2000[0]
草むらの中をじっくり見るときちんとホームの端の部分も見ることが出来ます。
IMG_1998[0]
旧ホームの横を見るとなんとSLが。
IMG_1994[0]
ナンバープレートがペンキなのが残念ですが、そこそこ綺麗な状態でC12が保存されています。この287号機は生涯を九州で過ごしたそうで、久留里線や房総には全く関係が無いようですが、縁あってこの小櫃(小櫃公民館)に保存されています。戦後製造機では最若番なので大切にし続けて欲しいです。
KIMG7315[0]
近くには勝手踏切がありました。久留里線民ってどこの駅でもすぐ線路を歩きますね…
KIMG7317[0]
駅からすぐそばの用水路をまたぐ場所を見てみましたが、ここが付け替え後の物なのか、当初のままのモノなのかを判別することはできませんでした。
KIMG7318[0]
小櫃駅北側も念のため見てみましたが、肝心の旧線の路盤は見当たらずに戻りの列車の時間を迎え、撤収しました。

第二回訪問

後日、地図の航空写真を眺めていると、旧線の路盤のような物を見つけました。
bandicam 2017-03-27 17-22-47-043
小櫃から御腹川までのこの間にひょっとしたら旧線の痕跡があるのではと思い、再調査を実施してみる事にしました。
DSCF1838
 前回からおよそ2か月後、再び小櫃の地へ来ました。撮影していなかった貨物ホーム跡地をまずは記録。菜の花が咲いています。
KIMG2258
やはり前回の見立て通り上の建物は関係ありませんでしたが、ホームがきちんと残されていました。
KIMG2259
車止めの後も一つ残っていました。この貨物ホームの広さからして、当初から一線のみの造りだったと思われます。
KIMG2235
貨物ホームの記録を終え、路盤跡が疑われる場所を目指して歩きます。
KIMG2242
途中の路地を何か所か覗きましたが、あの時のように痕跡を見つける事は出来ませんでした。
DSCF1821
路盤跡の疑わしい所までやってきました。とりあえず御腹川を目指します。
KIMG2245
更に進み、御腹川の近くまでやってきました。久留里線の御腹川橋梁(?)が見えてきます…
DSCF1823
おいおいおいおいなんか見えてるぞ…
DSCF1828
きゅ、旧橋脚だあああああああああ!
DSCF1825
付け替え前の旧線(県営線→軽便線)時代の橋脚がなんとそのまま残っていました。

初代:御腹川橋梁(残存は橋台のみ)
施工年:1912(大正元)年以前←同区間の開業年
所属・管轄:千葉県営鉄道→日本国有鉄道(1923年)
使用終了年:1930(昭和5)年
使用終了理由:改軌による線形変更・橋の付替
経年:105年・実働18年
KIMG2249

奥にあるのはもちろん今の久留里線の鉄橋です。
DSCF1829
正面から見た図。川の反対側の橋台を確認していないので断定は出来ませんが、恐らくガーター橋を架けていたと思われます。サイズの小ぶりさがとても軽便線らしいです。記録によれば陸軍鉄道連隊の建設であるはずなので、その観点から見ても貴重なものだと思います。
DSCF1830
そしてレンガの積み方。長手積み?のように見えます。が…
hhhh
上の部分と下の部分が小口のように見えました。長手5段前後に小口1段を繰り返す積み方とすると「アメリカ積み」になりますが、鉄道建築物は基本オランダかイギリス積みのはずなので、かなり違和感を覚えて焦りましたが、よくよく見直せばオランダ積み(イギリス積み)でした(滝汗)。
DSCF1827
橋台から小櫃寄りを振り返って一枚。この橋台のお陰でここが路盤であったことが証明されました。
DSCF1826
鉄道用地の境界柱の存在も確認できました。
KIMG2255
出来るだけ路盤を沿いながら小櫃駅方面へ戻ってみます。
KIMG2257
最後に、この現存路盤区間を俯瞰します。奥の茂みに旧橋脚があります。そして何故か手前には大量の便器が捨てられていました。(阪神タイガースの便座蓋が目立つ…)
DSCF1852
探索終了。木更津へと戻りました。
小櫃駅のホームの高さと列車の床面との段差は凄いですが、段差が規定内であることを理由にホームの嵩上げはされていません。

 旧線の路盤や橋脚を見つけられたのはかなり大きな収穫ですが、0.1Kmの短縮区間を特定することは出来ませんでした。今後再調査します。というわけで…

完結編に続く