謎(?)の三角形の県道…

謎の三角地帯

 千葉県道57号千葉鎌ヶ谷松戸線は、千葉市美浜区幕張西二丁目の国道14号(千葉街道)との交点から松戸市の国道6号との交点である根木内交差点までを結ぶ主要地方道である。この中でも幕張4丁目交差点~実籾駅前~習志野台団地入口交差点(国道296号線)の区間を「実籾街道」と呼ぶことも。そんな「実籾街道」の起点である幕張4丁目交差点の周辺に不思議な場所を発見した…というのが今回の記事です。
1d8a582e.png
 県道は幕張4丁目交差点で進路を北へ曲げるのですが、その区間に不思議な三角地帯があります。そもそも県道57号線は起点からこの交差点までが国道14号の旧道であったので、そこも交えて紹介していきます。
3f89c399.jpg
以下の写真の位置とルートを貼っておきます。

千葉街道から旧道へ

6fa7fb04.jpg
 片側3車線の大動脈である現在の千葉街道からスタートします。青看の幕張駅方面にはきちんと県道205号の案内がありました。
a9c21ddd.jpg
 幕張五丁目交差点から県道205号線を通って内陸の旧道へ向かいます。県道205号線はここから幕張駅前までのたった478mの県道です。「停車場線」らしい短さとも言えます。
※画像内に県道205号起点と表記してしましましたが、正確にはこちらが終点です。お詫びして訂正します。
12c47760.jpg
 14号から旧道までは幅の広めな道となっています。また県道を表すヘキサは全く見当たりませんでした。
a75f6fc1.jpg
 千葉街道の旧道と交差するところまで来ました。前に見えるのは幕張駅です。(この県道205号線、もしここが千葉街道だった時代だとしたら478mどころかさらに短いぞ…。)写真右のコンビニ居抜き整骨院はつい最近まで古い駄菓子屋で、旧街道の面影を残していたそうです。
bbc71bd6.jpg
③で左折し、旧道を進みます。この区間は県道には指定されていません。
76d6f2d1.jpg
県道57号線の幕張町4丁目交差点付近まで来ると、例の三角地帯が見えてきました。
dd425924.jpg
この先行き止まり???
…どうやら、車の通行は出来なくなっているようです。ちなみに左の建物は最近まで幕張郵便局として機能していました。現在は写真②のあたりに移転してしまいましたが、この道がかつて街道であったことを示しています。
5e60c1ae.jpg
 とりあえず幕張町4丁目交差点へ出て来ました。直進・右折方向がそれぞれ県道57号線、左折方向が14号方面となっています。
bceb9832.jpg
県道57号線の標識もきちんとありました。

旧道?区間

df4a553e.jpg
 地点⑤まで戻り、謎の三角地帯を歩いてみます。現在は車が抜けられる様子はありませんが、かつては何らかの道だったと思わしい雰囲気です。
1cbc8dff.jpg
現在の57号線に交差する所は完全に塞がれてしまっています。
bd503a4a.jpg
 この通り抜け不可な道ですが、地図上で見るとその先の別の(子守神社を抜け、湾曲して再び旧14号に出ている)道の一部であったと推理できます。県道に指定されている事を考えると、千葉街道の旧旧道であったのではないかと考えています。
d76b55cb.jpg
 ここから先の道。(旧旧道?)ちゃんとした二車線であり、かつての街道のような雰囲気を感じます。
e66bd123.jpg
振り返ってみると、先ほどの区間と繋がっているのがはっきりと確認できました。

探索終了。