様々な「表情」を見せる旧国道。

(→前編の記事はコチラ)
map03

いくつもの顔を見せる道


IMG_0982
おせんころがしから海沿いの断崖を這うように進んできましたが、ここでトンネルが出て来ました。
IMG_0990
小さな峠越えの隧道名は「小湊隧道」。明治時代から変わらない道という事でかなりの歴史があります。ただしトンネル自体は1939(昭和14)年に大幅な改修を受けているそうです。坑口の意匠のシンプルさなどは大沢旧道の2本のトンネルのそれと少し似ています。

小湊隧道(大沢側坑口)
施工年:1902(明治35)年以前
材質:コンクリート・一部手掘吹付
工法:山岳工法
全長:95m
笠石:意匠
扁額類:
ウイング(翼壁):無
インバート(仰拱):不明
所属・管轄:鴨川市
使用終了年:現役
経年:117年以上・実働117年以上
特筆事項:1939(昭和14)年に大規模改修(拡張された可能性もあり)
IMG_0999
坑内は大半が素掘りにモルタル吹付です。海からの明るい日差しでとても100m近くあるようには感じられません。
IMG_1001
反対側の坑口。こちらには意匠が無く素掘りのままに見えますが…坑門左上に注目。モルタルの中に石の布積みの模様が浮かんできます。改修以前の坑門の形態がこれであったとすれば、希少な石積みのトンネルだったという事になります。
IMG_1036
遠景。海側とはうって変わって鬱蒼としつつもどこかのどかな峠越えのトンネルといった景色が広がっています。手前のロックシェッドは国道時代の遺物でしょうか。
IMG_1019
トンネルを後にし、小湊へ向かって進んでいきます。
IMG_1051
海沿いの豪快な景色から一気に林道然とした山道に変わりました。このように全く違った風景が広がると飽きずに歩けてとても楽しいです。
IMG_1064
ゆっくりと山を下って行きます。国道にしては大きく輸送量が足りませんが、明治道らしい1.5車線の道が続きます。ちなみにこの道、現在では釣り人のアクセスルートと地元民の抜け道(?)として利用されています。道幅は狭いですが、かつて乗合馬車が通っていただけあってそこまでの急勾配や急カーブは無く、ドライブするのに良いかもしれません。
IMG_1083
山を下りると建物が見えてきました。
(手前の廃墟、ここまで荒れているのに玄関だけ何故か最新式で、ちょっと気になりました…)
IMG_1090
長谷地区という場所だそうです。安房小湊の街のどんづまりに位置しています。
IMG_1093
遠くに立派な建物が見えました。
IMG_1101
誕生寺に到着しました。日蓮宗の開祖、日蓮の生誕を記念して建てられた寺院で、1276(建治2)年に創建されました。千葉県は日蓮由来の者が多く、熱心な信者も多くいます。
IMG_1104
境内からは美しい内浦湾と小湊港が望めます。
IMG_1102
降誕800年が近いそうで…
IMG_1107
厳かな境内を後にします。
IMG_1111
旧道に戻って来ました。道路は2車線に広がりました。
IMG_1112
安房小湊駅の標識が見えて来ました。
IMG_1117
久しぶりにふれあいの道の道標が出て来ました。いつかは全部歩いてみたいです。
IMG_1114
誕生寺から400mほど歩いたところで、現国道とぶつかります。交差点の名前は「日蓮」交差点でした。
IMG_1119
トンネルの名前も「日蓮トンネル」。タイの絵が描かれています。
IMG_1122
現道の様子。
IMG_1133
鯛の浦の景色に見とれていたら旧道の一区画を見過ごしてしまいました。青看の左側の狭く描かれている道がそれです。
IMG_1134
小湊港の風景。ゆったりとした時間が流れています。
IMG_1137
内浦交差点で国道から離れ、安房小湊駅の方へ向かいます。かすれた中央線から見て分かる様にこちらもかつての国道でした。
IMG_1138
立派なコンクリート橋が架かっています。
IMG_1141
いかにも昭和期の意匠といった感じの橋です。
IMG_1140
昭和30年3月竣工と銘板に書いてありました。おそらくこの橋の完成と同時に前後区間の拡張(2車線化)が行なわれたのだと思われます。
IMG_1143
ちょっと休憩。
IMG_1147
(橋の上で何やってんだコイツ…)
IMG_1163
橋を渡ればすぐに安房小湊駅に到着します。誕生寺・鯛の浦への玄関口の風格のある古風ながらも綺麗な駅舎です。
IMG_1172
探索日が土曜日だったのでタイミング良く新宿わかしお号がやって来ました。たまには自分へのご褒美(?)として乗って帰ることにしました。1ヵ所訪問し忘れましたが、とりあえずこれにて2年ほど執筆していた国道128号線旧道群の探索は終了です。

探索終了。