成田線の笹川駅。1931(昭和6)年に佐原駅から同駅までが開通したのと同時に、入正醤油の醤油蔵までの専用線(0.7km)が敷設されました。
 この専用線では約30年ほどの期間、醤油の運び出し、及び材料の運搬が行われましたが、この手の専用線のお約束と言える話、1960年代から始まるモータリゼーションにより輸送は車に代わり、次第に専用線は使用されなくなります。使用停止時期の詳細は不明ではありますが、1971(昭和46)年の笹川駅貨物扱い廃止以前には廃線となっていたと考えられます。


残る線形

01
1975(昭和50)年の航空写真。綺麗に線形を見ることが出来ます。

1
では現在はどのような様子になっているでしょうか。早速笹川駅から探索していきます。
2
駅には保線車両の留置線があります。貨物の引き込み線を再利用したと考えられます。
3
跨線橋から専用線方面を眺めます。先の保線車両留置線から先の成田線路盤の右側に不自然な空白が認められます。
4
駅構内の観察を終えて外に出ます。
7
駅を出てすぐの「笹川旭県道踏切」から先ほどいた跨線橋を眺めます。専用線はフェンスの立てられたここを並走していたことでしょう。
5
専用線と成田線の分岐地点。このあたりから写真奥の方向へ別れていきました。
6
笹川旭県道踏切からもう一つ下総橘寄りに進んだ「高野内踏切」。ここから専用線は進路を南に取ります。
8
踏切の真横にはどうみてもそれと言える路盤が残っていますが、明らかに宅地として利用されており立ち入りは憚られます。しかし予想より綺麗に残っており驚かされました。
9
道の右手に路盤跡を感じながら先へ進んでいきます。
11
唐突に枕木。
12
建て割りがいかにもといった雰囲気です。
13
このブロック塀なんてかなり路盤跡に忠実で分かりやすい…と思いながら進むと…
14
隠す気ねー!
15
終盤は路盤がそのまま残っていました。
16
当時のモノかは分かりませんが境界柱も埋まっています。
23
路盤が道として辿れなくなるあたりから線路は再び東に曲がり、いよいよ終着地の醤油工場に入っていきます。それにしても路盤跡のカーブが美しい…!
18
踏切のような痕跡が無いか探しながら歩くと…
19
うおおおおお!レールが残っとる!
20
まさに最後の最後、醤油工場に入る直前のカーブ区間にレール残存区間が奇跡的に残っていました。
21
奥に進むとさらに貨車から荷物を授受していたであろう貨物ホームが一部残っていました。
22
こちらが入正醤油さんの建物です。醤油一筋280年の老舗の美しさと歴史を感じさせるTHE・醤油蔵といった建物が素晴らしいです。またそれもあって、NHK朝の連続テレビ小説「澪つくし」(→関連記事「銚子電鉄車両一覧【2017夏】」)での撮影地となり、醤油づくりの場面がここで撮影されたそうです。昔の沢口靖子さんほんと可愛らしいですよね…
ちなみにここでいきなり醤油を買う事は出来ませんが、要予約制で工場見学などが出来るそうです。(※詳しくは入正醤油さんのサイトをご覧ください(当サイトとは無関係です)。)
24
さすがは水郷地帯。訪問は夏場でしたが、いわゆる「早場米」と呼んでいいのでしょうか、辺り一帯では稲の穂首が収穫が近い事を示すように垂れていました。
02
地図にざっくり落とすとこんな感じになります。ちょうど成田線の列車間隔程度で十分に探索できる距離なので、駅巡りのついでにゆっくり回るなんてのも面白いかもしれません。

探索終了。