前回記事と前々回の二編にわたって、現在の定説である「曲線ルート」では無い新ルート「直進ルート」説の実地調査を行い、このルートに路盤があったと思しき痕跡を複数発見しました。今回はその説が本当に正しいのか、定説は「ガセ」であるのか、新たに発見した資料も交えて考察していきたいと思います。


「定説」の持つ脆弱性?

map4
 下今市駅の駅前から大きく東に弧を描き、日光の杉並木を横切るであったと推定されるこのルート。サイト名は出す必要がない(新今市について調べた方はすぐこの方のサイトに辿りつくと思うので…)ですが、このルートでの探索をなされているこのサイトの文章を要約すると以下のような内容が示されていました。
 
・書籍「郷愁の野州鉄道」に、今市周辺の杉並木を走る汽車の写真が掲載されている。
・1946(昭和21)年の航空写真では国鉄今市駅から東武下今市駅間には線路らしき痕跡が無い。
・地元のお年寄りの証言を元にした各種の特定、例幣使街道・日光街道まで続く道の渡り方
・昭和50年頃までは橋脚跡が残っていたという証言
・小倉町駅は現在の下今市駅前広場に存在していて、同じホームを共有していた。

 肝心の「曲線ルート」を決定付けたことの経緯が省かれてしまっているので、これらについてのみ検討していきます。

 まず1つ目、杉並木を走る汽車の写真についてですが、確かに杉並木を走っている様子が確認できます。しかしこの写真、場所についての記載がないため、必ずしも今市周辺なのかを確定できるかは微妙です。杉並木が「直進ルート」にあるとは考えにくいのでただの屁理屈になってしまいますが、本当に日光杉並木で撮られた写真ではないという可能性もあります。

 次に、航空写真の線形の話ですが…
を見ると…
USA-R483-124

0BwP8WAYzK_p5MFA3SmpZSG5Db2s
anigif1
線形は見えているのです。
 単なる道路かもしれませんが、もしかすると直進するルートの線形ではないかと考えられる白い線状のものが確認できます。(そんなことより下今市駅北から大谷川側にかけてもよりはっきり旧線らしき物が写っています、これは大谷川右岸までの廃線跡でしょう。)

 そして、地元住民の証言。とても貴重な「ナマ」の情報であることには間違いないのですが、この路線が現役だったのは1919年~1929年であるので、90歳くらいでないと本人の証言はあり得無いのです。確かに代々話は伝わっていくでしょうし、昭和50年頃まで橋脚跡が残っていたという証言は重要な情報でしょうが、情報が錯綜している可能性も考えられます。

 また前編でも触れた通り、曲線ルートの推定距離はおおよそ1.8km、同区間の距離データかつ直進ルートの距離である1.4kmを大幅に超えてしまいます。またこの区間を営業していた下野電気鉄道や下野軌道は創業以来経営が厳しく、大半を政府補助金の交付を受けるという状況が続いており、そのような状況でわざわざコストのかかる遠回りかつ2つも街道を越えるようなルートにするとは思えません。

小倉町駅

 これまでの記事で全く触れていませんが、大谷向今市~新今市のこの廃止区間には途中駅「小倉町」がありました。この駅は下今市駅まで開業した東武日光線との乗換駅として、約3ヶ月の間だけ存在しました。年表で整理すると、

1919(大正8)年 
10月1日 大谷向今市~新今市間1.4kmが開通。

1929(昭和4)年
7月7日 東武日光線の新鹿沼~下今市間開業に合わせ、乗り換え駅として小倉町駅開業。
10月1日 東武日光線 下今市~東武日光間開業。
10月22日 新今市~小倉町~大谷川右岸間を廃止、下今市 - 大谷川右岸間が開通。軌間は1067mmに改軌。東武日光線と連絡開始。
とあります。

 「小倉町駅は現在の下今市駅前広場に存在していて、同じホームを共有していた。」という情報ですが、まず同一ホームの共有というのは先に軌道が開通していることと、軌間が異なることから基本的に有り得ないとみて正しいでしょう。東武日光線の開通より10年も前に開業したこの線路がぴったり下今市駅に合っていたかというと微妙だからです。ただ、東武日光線との接続を考えた駅であることを考えると、下今市駅の近く、現ロータリー付近に小倉町駅があった、もしくは対面で乗り換えが出来る程の至近距離にあった事は間違いないのでしょうが、今回その場所を特定することは出来ませんでした。

「直進ルート」説を裏付ける貴重な資料を発見!?

 その1・その2執筆中に情報提供を頂いたのですが、国立国会図書館デジタルコレクションの中に収められている「鬼怒川水電写真帖」(藤田喜志能編・大正1年発行)の31コマ目に…
oldpicture1
 報徳二宮神社(最初に探索した時に通った神社)の横に軌道が通っている事を示す写真がありました。「今市驛より大谷川に向ひ二宮神社側に於ける材料運搬の光景」と「直進ルート」通りの文言が明確に示されています。
 ただし大谷向今市~新今市間が開通したのは大正8年であるのに、大正元年以前の撮影ということなので、これはそれ以前の発電所用の作業軌道という事になります。発電所開業後にこの作業軌道跡を利用して路盤の再利用をした可能性が出てきます。
(※この写真は国立国会図書館より掲載許可を受けています。ここからの転載はご遠慮下さい。)

IMG_2862
 序盤の見つけた石垣は東武日光線と平面交差しているため、この石垣は東武日光線と同時期にあったものではありません。一方、先ほどの資料は大正年間のもの。という事は…?→と思っていたのですが、こちらについては開業当時の腕式信号機用の石台跡ではとのご指摘を頂きました。確かに大きさ的にもそちらの方が良さそうです。


今回の結論

 定説の「曲線ルート」・今回発見した「直進ルート」のどちらについてもその存在については否定できず、仮に下野軌道の廃線が「曲線ルート」にあったとしても無かったとしてもこちらの「直進ルート」に何かしらの線路があったことには間違いありません。
 新説を出したうえで「検証」と言っておきながら、ものすごく中途半端な結論になってしまいましたが、これ以上確実な証拠を持って記せることは出来ないので今回はここで筆を置かせていただきます。今後情報があれば再び探索に出向くと思うので是非気になる事があったら教えて頂けるとありがたいです。→再訪しました!