数年で住宅街に消えた短絡線…

砂利から人へ

 「総武鉄道」といっても現在の総武線の前身ではありません。この総武鉄道は現在の東武野田線のことで、千葉県営鉄道として柏~野田市が開業されたものを京成電気軌道創業者の本多貞次郎が中心となって払い下げを受け、北総鉄道(これまた現在の北総鉄道とは無関係)として開業させたものです。
 総武鉄道海神線は、現在の東武野田線・船橋駅と京成本線・海神駅を連絡していた路線で、その前身は両駅の側線であるといわれています。1924(大正13)年、成田への延伸工事を進めていた京成の砂利輸送を行うために電化600V/1372ミリ軌間の京成と非電化/1067ミリ軌間の北総がそれぞれ両駅の側線を構外に延ばす形で貨物の受け渡しを行いました。その後京成の成田への延伸は1926(大正15)年の津田沼~成田花咲町仮駅開業をもって概ね完了し、側線は「手持ちぶさた」となります。当時、北総鉄道と京成電軌の社長は本多貞次郎が兼任していたことから関係は密接で、この側線を再利用し、両線の船橋駅の距離が離れていたことから省線にシェアを奪われていた乗換需要を得るためにこの側線の旅客化を目論みます。こうして1929(昭和4)年に京成海神側の側線を譲渡し、北総側に規格を合わせ改良する形で海神線が開業しました。(開業直前に北総鉄道は総武鉄道に改称。)
 乗り換えの利便性を高めるために開業した海神線でしたが、残念なことに需要があまりにも伸びなかった上に、開業構想と前後して京成電車疑獄事件などのゴタゴタもあったことも影響してか本多が北総(総武)鉄道の経営から離れて両社の関係性に距離が生まれてしまっていました。(その後、総武鉄道は陸上交通事業調整法に基づき1944(昭和19)年に東武鉄道に吸収され今に至ります。)開業してたった4年後の1933(昭和8)年に営業休止申請が出され、陳情も無く翌年にあっけなく廃止となりました。

短命に終わった短絡線

kaizin1
海神線の跡はそのほとんどを道路に変えて残存しています。
DSCN0740
船橋駅から少し西の地点。ちょうど総武線と野田線が分かれる地点です。
DSCN0743
野田線(頑なに「アーバンパークライン」と呼ばないのは単に字数が長いからです)のこの区間は1980(昭和55)年に高架化されています。
DSCN0744
針路を北に取ります。
DSCN0747
ちょうどこのカーブの途中あたりが海神線との分岐地点です。
DSCN0751
40年近く前の高架化で痕跡が残っていないようにも思えますが、地平時代と線形は変わっていないため思った以上に痕跡を見出すことが出来ます。
DSCN0753
分岐点から見る船橋方。
DSCN0754
早速廃線跡の道路を歩いて行きます。
DSCN0755
学校の敷地横を通過していきます。
DSCN0757
幅的に道路+横の建物が路盤跡といったところでしょうか。
DSCN0758
交差点から京成線を眺めると煉瓦造りのガードが健在。
DSCN0763
言わずもがな、京成開業時からの構造物。海神線の歴史を見つめていたはずです。
DSCN0765
路盤跡と言ってもこれといった大きな痕跡も無く、ただ路地を歩いて行きます。
DSCN0766
京成本線の真横に出ました。
DSCN0767
駐車場の形状や幅が路盤転用感を醸し出しています。改良前の構外側線時代の受け渡しホーム跡はこのあたりだったりするのでしょうか。
DSCN0769
事前の情報が無ければただの路地ですね…
DSCN0770
ここでもう一つ煉瓦のガードが。今度は先程のものよりスリムで背丈高めなガードです。
DSCN0781
海神の駅に近づいてきました。
DSCN0783
ようやくはっきりと“意味深”な敷地を見いだせました。このスペースは海神線の路盤跡に違いないでしょう。
DSCN0784
敷地の横には海神駅から延びる保線用車両の側線があります。
DSCN0785
保線小屋の左側の柵のラインが海神線の路盤跡です。ちょうどこの小屋のある側線が海神線開業時に新設した貨物ホームの置かれていた線路で、真ん中の砂利道は総武鉄道側の引き込み線跡だと推察します。
DSCN0786
海神駅が見えました。
DSCN0787
駅側から側線を眺めます。ちなみに真横にある架線柱は形状からして海神線の現役時代にはすでに置かれていたはずです。
DSCN0789
上りホームより成田方。どことなく「分岐していた感」がまだ残っています。
kaizin2
地図に海神駅の配線を落とすとこのような感じになると思われます。ちなみに赤線はすべて総武側のレールで、1067mm/非電化です。
DSCN7663
海神線の旅客ホームがあったであろう現・下りホームです。ホーム自体は何度も延伸されています。
DSCN7667
駅ホームの裏手にやって来ました。恐らく開業時からのものと思われる石積みのホーム部分が見えます。
DSCN7669
海神線のレールがあった面。なんとなくこちら側にも「ホームっぽさ」があります。断定は出来ませんが、状況証拠からして海神線の貴重な痕跡だと思われます。

探索終了。