戦争中の空襲によって一帯が焼け野原になったことを逆手に取る形で、現在は同じ場所に統合されてしまった東急池上線と東急多摩川線の蒲田駅ですが、この両線がかつて別会社であった事を今でも物語ってくれる数少ない痕跡を探しました。

東急発祥の路線・東急多摩川線

 東急(東京急行電鉄)の歴史を遡ると、戦前に活躍した五島慶太が田園調布開発のために設立した会社にたどり着きます。後に「強盗慶太」の異名を取った彼は、東京地下鉄道の「乗っ取り」事件を皮切りに、戦時の陸上交通事業調整法に基づき、京浜電気鉄道、小田急電鉄、京王電気軌道、相模鉄道などを傘下に置く「大東急」を造り上げた事で知られています。後に多くの会社は再び独立しましたが、現在の池上線の元会社である池上電気鉄道(→解説)や、現在は世田谷線として一部が残る「玉電」こと玉川電気鉄道などは今でも東急の路線網の中に組み込まれています。
KIMG5120
東急多摩川線は多摩川~蒲田間のピストン運転です。

 東急多摩川線(←混同防止の為、「東急多摩川線」が正式名称)は、五島が設立した目黒蒲田電鉄が最初に開業させた路線「目蒲線」の一部で、1923(大正12)年3月に目黒~丸子(現:沼部)間が開業、同年11月には蒲田までが全通しています。
 しかし目黒駅から多摩川園(現:多摩川)駅の間を、混雑の激しい東横線のバイパス路線として再整備する事になり、目蒲線は目黒~多摩川園と多摩川園~蒲田駅間に分割されることになりました。
 これによって目黒~田園調布~多摩川園~蒲田の路線であった目蒲線は2000(平成12)年に
 
 目黒~田園調布:目黒線
 田園調布~多摩川:東横線との重複区間を東横線の複々線扱いへ
 多摩川~蒲田:東急多摩川線

 の3つに分割されてしまいました。

 またこれに合わせて東横線の多摩川~武蔵小杉で複々線化工事が実施され、目黒~田園調布~多摩川~武蔵小杉(現在では日吉まで延伸)を系統上の目黒線とし、さらに目黒からは地下鉄南北線・三田線などに目黒線が乗り入れるようになりました。

 一方、この流れから切り離された形で取り残された多摩川~蒲田間は東急多摩川線に改称され、ワンマン運転を開始します。さらに目蒲線時代は4両編成でしたが、池上線との車両共通化で3両編成となり、現在では池上線と共に都会のローカル線のような位置付けになっています。

東急多摩川線の旧線

 今回の廃線跡はまだ多摩川線が目蒲線であった頃の話になります。
KIMG5178
 現在蒲田駅で池上線と駅を共用する形になっている多摩川線ですが、池上線は後々買収した別会社の路線であり、当然開業時の蒲田駅はそれぞれが全く異なる所に居を構えていました。今回は、多摩川線(目蒲線)の蒲田駅が別ルートであったころの旧線を探索します。
KIMG5143
旧線と現線の分岐駅である矢口渡駅で下車します。ちなみにこの駅は1923(大正12)年の開業から
1930(昭和5)年5月までは「矢口駅」と名乗っていました。
KIMG5142
良い雰囲気の駅です。
KIMG5145
駅裏を蒲田方面に進んでいきます。旧線との分岐点は少し先なので、それまではしばし沿線歩きです。
KIMG5147
多摩川線の電車がトコトコと通り抜けていきます。(地味に手前の柵が古レールですね…)
KIMG5155
環状八号線をオーバークロスした先あたりまで歩き、旧線の分岐点周辺に到着しました。左手方向手前に延びて来ている広がりがそれです。
KIMG5157
ここから先しばらくは廃線敷がそのまま明瞭に線形を残し宅地化されています。
KIMG5159
この区間が数少ない旧線の痕跡であるのでじっくり楽しみました、といってもこの写真では分かりにくいのですが…
img20170929163748709
地図を見ると気持ち良くなるほどにハッキリ確認できます。
KIMG5160
交差点で廃線跡を見ると、よりはっきり線形が掴めます。
KIMG5162
住宅の並びの横を進んでいきます。こういう住宅街の廃線跡を歩くたびに「廃線路の上に住めるなんて少し羨ましい…」と思ってしまうのですが、果たしてどれくらいの人が知っているのでしょうか。
KIMG5163
旧線はここで池上本門寺方面への通りと交差します。
そして現役当時はここに「道塚」という駅が置かれていました。道塚駅は、目蒲線が全通した2年後の1925(大正14)年に「本門寺道仮駅」として設置され、翌年に正式開業、1936(昭和11)年にに本門寺道駅から道塚駅に改称されました。
その後、昭和20年4月の大空襲で焦土になり、現在の線路に切り替えた後の1946(昭和21)年に旧線と運命を共にしました。
KIMG5164
古地図によると駅は通りの東側に描かれていますが、実際はどうやら西側のこの位置にあったそうです。これは当時の様々な資料が証言しています。
KIMG5168
ここから旧線はさらに南に弧を描くように曲がっていきますが、区画が整理されてしまっており、道形や建物の並びによる追跡は困難です。
KIMG5169
ここから先も当時の航空写真と重ね合わせながら出来るだけ探索しますが、全く痕跡は掴めません。
KIMG5171
御園中学校の横を歩いて抜けていきますが、実際の線形はもっと環状八号線方面に反っていました。
KIMG5174
多摩川線の旧・蒲田駅跡付近に到着しました。
KIMG5176
具体的な駅所在地を示すものは見つけられませんでしたが、恐らく旧駅の場所はこの立体駐輪場あたりだと思われます。
img20170929163800987
地図でこの場所を確認すると、この場所にある小さなロータリーが意味深な形・くぼみを呈しています。駐輪場の部分に駅があったとみて良いと思います。
1936
最後に、航空写真で現役時代の線形を確認してみます。かなり見えづらいですが、道塚駅らしきものを確認することができます。
1947
そしてこれが廃止直後、1947(昭和22)年の航空写真です。下に弧を描いている旧線と、北から伸びてきた池上線に合流する形で真っ直ぐ東西に延びている新線(現在線)の両方を確認できます。