房総に「あるはずの無い」森林鉄道…

探索メインメニュー
(各記事/現在41編)
・小坪井林用軌道(第一次)
[小坪井・本坪井沢]
[0 1 2 3 4 5 6 7 補足 番外]
・小坪井林用軌道(第二次)
[片倉ダム・笹川]
[0 1 2 3 4 5 番外]
・小坪井林用軌道(第三次)
[田代川支流]
[0 1 2 3 4 番外]
・小坪井林用軌道(第四次)
[小坪井・田代川奥地]
[0 1 2 3 4 5 補足 番外 ]
・小坪井林用軌道(第五次)
[田代川中流域]
[0 1 2 3 番外]
・小坪井林用軌道(第六次)
[ヅウタ隧道]
[0 1 2 番外]

森林鉄道

 森林鉄道。名前の通り森林に設けられた木材搬出用の産業用鉄道です。日本においては営林署が中心となって敷設した軌間762mmを標準(例外的に610mmなども存在。)とした軽便鉄道についてを指すことが多く、産業用ではありますが道路が未整備である山間奥部の集落に旅客輸送を行った路線も数多く存在し、林鉄は山における重要なインフラでした。しかし1960年代後半~70年代になると、車と林道の発達や木材資源の枯渇、安価な外国材の輸入本格化などが重なり採算が取れなくなります。林鉄は次々に姿を消し、現存するのは屋久島の「安房森林軌道」のみとなってしまいます。全国各地の山には森林鉄道の遺構である橋や軌道跡が今なお残されており、道路や遊歩道などに姿を変えて利用されている場所も多いです。

房総の山奥に遺された鉄路

 上記の林鉄についての「全国各地の山には今なお残されて…」というのはあくまで日本全体の一般論であり、私が主な探索をしている千葉、房総の山に森林鉄道はなかった、あるはずがないと考えていました。そもそも房総の山は標高があまりなく、丘陵地が中心であるから、林鉄を敷く必要が無いと思い込んでいたからです。(房総の谷深い山をナメていたわけで…)


c99bfe20.jpg
 林野庁が公開している全国の1100以上の路線が記録された「国有林森林鉄道路線データ」に、千葉県内の路線の存在は記載されていないというのも根拠に、千葉における林鉄の存在は否定していたのです。林鉄に非常に興味があり探索がしたいなと思いながらも、場所の遠さに探索実行には二の足を踏み続けていた。そんなある日、とんでもない情報を見聞きしました。なんと…
千葉県にも、森林鉄道が存在した。
という情報です。千葉県にも、林鉄、しかも旧東京営林局千葉営林署が運用していた、国有の森林鉄道があったというのです。
 水を得た魚とはこのこと。林鉄探索に飢えていた私は数人で早速探索メンバー(なお全員有名サイト「山さ行がねが」の愛読者。)を結成、幻の鉄路を追って山へ入りました。

 また今回の記事はそのメンバーの一人である「ばか者」氏(※1)との共作リレー記事(※2)となっています。(結構長い記事なので完結まで時間がかかりますが、ご容赦ください。)

※1:彼は浜行川、大沢の探索などでも同行した方です。
※2:当記事の【その1】以降の奇数番記事は、ばか者氏のブログに投稿されます。当ブログでは偶数記事を担当、執筆します。

探索開始

KIMG9202
 早朝にやってきたのは千葉駅前のバス乗り場。ここから起点にほど近いところまでは高速バスの「カピーナ号」に乗車します。
KIMG9204
 千葉駅から上総亀山周辺を抜けて鴨川、亀田病院へ向かうバスです。途中の蘇我駅から今回の同行者、ばか者氏らと合流。
DSCF7807
「君津ふるさと物産館」バス停で降車。今回乗車した便は千葉中央バスの担当便でした。
(7304号車 千葉200か 21-01 三菱ふそうエアロバス PJ-MS86JP(2006年式))
DSCN2251
この車両、かつてはKaNaCカラーを纏い、羽田空港などへの空港リムジンバス専属のような扱いでしたが、今ではトイレが無くても運行可能な中距離用車としてマルチに活躍しています。(写真は同じKaNaCカラーの別車両です。)
KIMG9211
面白いことに探索起点の目の前にバス停が…(確信犯)
KIMG9215
物産館である道の駅は当然開店前。トイレだけお借りしました。
KIMG9217
素晴らしいことに起点の林道入り口近くにコンビニがあったのでここで食糧調達。(ミニストップのホットスナックって美味しいよね…)

それでは、いざ、参らん!

続く
(※他ブログへ飛びます。)