今回でついに4回目の訪問となった小坪井軌道。ここ数回は細切れに探索していますが、今回は比較的広範囲を探索、この無茶がどう出る…?                         

小坪井林用軌道(第一次)[0 1 2 3 4 5 6 7 補足 番外]
小坪井林用軌道(第二次)[0 1 2 3 4 5 番外]
小坪井林用軌道(第三次)[0 1 2 3 4 番外]
小坪井林用軌道(第四次)[0 1 2 3 4 5 補足 番外 ]
小坪井林用軌道(第五次)[0 1 2 3 番外]
小坪井林用軌道(第六次)[0 1 2 番外]
「その0」はこちらのブログの記事です。

「奥から」の攻略を目指して

 毎回少しづつではあるものの、これまでの3回にわたる探索でここまで調査を進めてきました。そして前回から「田代本線」の探索へと足を踏み入れたので、今回も引き続き田代川に入渓、調査を…
19ea9503122tg
と思っていたのですが、これまで探索した小坪井沢系統にも未踏区間がある事(↑地図参照)を思い出し、そちらも回ってから田代川流域へ向かう事にしました。
kotsuboi68
というわけでまずは“お決まり”の探索起点へ。
DSCN8598
06:39 無名の橋に到着。
今回の行動距離はかなりの長距離、しかも未知の尾根越えをせねばならないということで、日の出とほぼ同時に行動開始を視野に始発のカピーナ号さえガン無視し、これまでないほど早朝に到着。
DSCN8605
初めての探索時と同じように尾根越えをするため、早速入山します。するとこれまで見逃していた看板を発見。
zenkai
田代本線を探索した時のものと全く同じ看板が立っていました。それはもちろん、ここの橋周辺が田代川流域であるからです。国有林の小坪井沢にはこのような看板は存在しないので、改めてこれから隣の沢まで行かねばならないという事をはっきりと感じさせられました。
DSCN8607
事あるごとに私が「ここにテントを設営して泊まればどうだろうか」などと同行者にほざいている広場を通過。
DSCN8611
尾根突破へと向かいます。前回よりも水量が多く、少し心配です。
(06:44 尾根越え開始)
DSCN8612
ビーバーの規模も若干増しているような…
kotsuboi69
今の現在地はこのような感じ。ここまでは前回と全く同じ行程です。
img20180202200809405
しかし、今回はとにかく先を急がねばなりません。最奥地は南方向の為、出来るだけ距離と時間をカットしたいので、今回は(戦前のビール瓶を見つけるなどした前回のルートでは無く)出来るだけ進路を東に取ったまま尾根を越えて行こうと思います。
DSCN8615
進む途中で進行方向左手に見覚えのある景色が。
KIMG9255
そう、見えたのは前回尾根を登っていくのに通過したルートです。マッペを置いて撮影した記念すべき場所なので覚えていました。
DSCN8618
見覚えのある景色を左手に見ながら登っているのでこれで正解だ!…と自分に言い聞かせながらひたすら進んでいきます。
kotsuboi70
登りはあと少し…
DSCN8626
07:10 尾根到達!
前回ルートよりも少し厳しい登攀でしたが、ショートカットできると思えば満足です。
DSCN8629
あとはほぼ登った分、ここを下っていけば小坪井沢(=トロッコ沢)に到達できるはずです。
kotsuboi71
改めて現在地を確認します。等高線を見る限り、下りに関してはむしろ前回のルートより傾斜がゆるそうで安心しました。(前回の「突撃滑走あああ!」みたいな事態は避けられそうです。)
DSCN8631
少し落ち着いてから周囲を見回すと、意外な物を発見。なんとこの場所に炭焼き釜の跡が存在しました。咄嗟に軌道がここまで伸びていた可能性を想像してしまいましたが、傾斜や地形的に流石にそのような事は無いと思われます。しかしこんな尾根の方まで人の手が入っていた事が判明しました。
DSCN8639
07:26 小坪井沢へと降下開始。
道中では倒木がまるで隧道のようになっている場所がありました。現地に居た時は隧道だ隧道だと笑っていましたが、こうして改めて画像を見ると結構神秘的な光景かも…?
DSCN8640
しばらく進むと謎のワイヤが。小規模ですがまるで索道のように張っており、一瞬驚かされましたが、ワイヤの下側は木に引っかかっているだけでした。これに関しては今でも何物なのか判然としませんが、軌道には全く関係無いとみて良さそうです。
DSCN8642
ひとまずのゴールが見えてきました。
kotsuboi72
最初の尾根越え、予定のコースを完璧に進む事に成功!!
DSCN8648
07:41 小坪井沢到達。
出発してからおよそ1時間、トロッコの通っていた谷に1年ぶりの再会です。
DSCN8653
お、木炭が落ちてる…
DSCN8654
どうやら我々が降りてきた場所は、これまた炭焼き釜の跡地の位置のようです。地面を四角く掘り抜いた跡が綺麗に見えています。
DSCN8655
冷たくきれいな水でお飲み物を冷やしてから(1年ぶり2度目)出発。(07:55)
DSCN8670
見覚えしかない切通しを抜けます。全く同じアングルで撮影してみました。
DSCN8673
隧道支谷への入り口を目指します。尾根越え効果はどのくらいかな?…

DSCN8675
08:10 隧道支谷の分岐へ到着。
ショートカット効果もあって、なんとたったの15分で第一次探索時の「その2」と「その3」分の内容を完了させることが出来ました。
ここを左手に進めば最奥の隧道・本坪井隧道が待っています。

小坪井支線(小坪井沢本谷方面の支線)

kotsuboi74
今回小坪井沢に来たのは、未踏区間の訪問が目的です。という訳で、折れて東へ進む本坪井隧道方面では無く、軌道が存在していたにも関わらず前回スルーしてしまっていた「小坪井支線(小坪井沢のその先の支線区間)」を探索します。
DSCN8686
桟橋の孔を確認しながら進んでいきます。
DSCN8687
割れた茶碗or湯呑が落ちていました。
DSCN8688
炭焼き釜の跡などの拠点と思わしき広場が終点になるはずなので、まずはそれを目印にしていきます。
DSCN8689
分岐から進むほど10分弱、お目当ての炭焼きの跡を発見。ここが小坪井支線の終点でしょう。
DSCN8690
おいまだ続いてるぜ…
DSCN8691
例によって例のごとく、一枚岩の壁を刳り貫いた桟橋用の孔がまだ続いていました。
DSCN8695
陶管の大きな破片も転がっています。
DSCN8697
5分後、再び炭焼釜の跡地を発見。
kotsuboi75
分岐からはこのくらい進んで来ていました。距離にしておよそ300mといったところです。
DSCN8702
ここは先ほどの炭焼き跡よりも大きな広場をなしていました。周囲に孔を認めなかったため、ここが終点であると定めました。
(08:26 小坪井支線終点地)
DSCN8703
また素晴らしいことに、ここの炭焼き釜跡地には綺麗に「釜」が残っていました。
DSCN8705
上から見下ろした様子。この中で炭焼きを行っていたのであろうという情景が分かりやすく浮かんでくるほどにはっきりとその痕跡を留めています。
DSCN8709
8時半を回ってようやく、山の端から陽が漏れてきました。やはり足元が明るいのに越したことはありません。
(08:30 調査を終了し、隧道支谷への分岐までへと帰還開始。)
DSCN8719
08:39 支谷入口まで帰還。本坪井隧道へ向かいます。
DSCN8720
!?
…なんと、隧道支谷の入り口にトンネルの方向を教える、さしずめ標識のようなものが設置されていました。ここ1年の間に訪問者は増えているようですが、林業がほぼ手を引いた現在、ここに来る人は恐らくモノ好きだけでしょう。それに、隧道が仮に今も通路として働いているとしても、現業の方がこのような案内を設置するとは思えないので、これは我々のような探索者の誰かが置いて行ったものと思われます。ここは国有林なので、勝手に看板を置いてしまうのは果たして良いのか、これを置いた意味を含めて問いたい所です。(あとどうせなら隧道の長さよりも隧道までの距離を示したほうが良いような)


続く
(※他ブログに飛びます。)