奥ゆかし廃探索記

 「奥ゆかし」の元の意味は、奥+ゆかし(行かし)で、「ゆかし」は見たい、知りたい、聞きたい、そして心惹かれるという意味合いを持っています。すなわち「奥に行きたい、より奥が見たい、心惹かれる…」そんな廃線、廃道、廃墟探索的な「廃」物件の探索などをメインに、さまざまな情報をだらだらと気楽に記録していくサイトです。

タグ:廃隧道

廃林道探索後編は日没との勝負に…待ち構える大崩壊。 ...

 車道としての役割を終えた森林内のピストン林道(盲腸線)…廃道とならないはずがありません。 ...

 福島県の太平洋沿いを走る常磐線。海辺に迫り出た大小様々な丘陵を越えるためのトンネルが多数掘られました。 ...

 長崎県の島原半島。中央には世界有数の活火山である雲仙岳を抱き、各地には温泉が存在します。その火山性温泉のひとつである「小浜温泉」までの急峻な道を、かつて2つの鉄道会社が結んでいました。 ...

 県の大半が海に突き出た半島という独特の地理から「幹線らしい幹線鉄道」が無く、また全くと言ってもいいほど山地が無い千葉県にも、明治時代に掘られたかなり歴史のある廃隧道がありました。 ...

↑このページのトップヘ